スケジュールはきちんと管理して共有しよう~テキパキ働き術~

操作

残業の問題

オフィス

勤怠管理システムの導入でサービス残業をなくす

サービス残業の問題は、今の世の中では盛んに取り上げられているものでしょう。社員を働かせたのであれば、法律に基づいてそれに見合った賃金が発生します。それを行っていない会社は、違法とみなされても仕方ありません。ですから、勤怠管理システムを導入して社員の勤務状況を少しでも正確に把握するような方法を各社は考えているのです。 勤怠管理システムは、社員の状況を管理職の目で見ずとも管理できる便利なシステムです。たとえばパソコンのログオン、そしてログオフによって時間を自動的に記録するものであれば、紙などに記録しなくても自動的にその勤務時間がわかりますので、きちんと管理することができるようになるのではないでしょうか。

勤怠管理システムを利用する理由について

これらの勤怠管理に関しては、どうしても近年サービス残業が横行しているということがメディアを中心にさまざまなところで取り上げられているということがあげられます。当然昔から法律はありましたので、きちんと管理をしなければならないということには変わりないのですが、それが一気に加速した理由というのは、やはりメディアの影響が大きいのではないでしょうか。ですから、勤怠管理システムをきちんと利用することによって出勤時間、退勤時間を毎日きちんと打刻して、その時間に見合った賃金を支払うということが求められています。当然、そのシステムを導入することによって、より一層管理が簡単になりますので、その分残業自体の削減にもなるでしょう。