スケジュールはきちんと管理して共有しよう~テキパキ働き術~

操作

トレンド

WEB制作

勤怠管理の最近のトレンドについて

勤怠管理といえば、やはり昔は紙に記録しておく方法が主流といいますか、むしろその方法しかとることができなかったというほうが正しい表現かもしれません。しかし、近年ではタイムカードの開発や、さらなる高機能のシステムの開発によって、さまざまな方法で勤怠管理をおこなうことができるようになっています。 最近のトレンドとしては、勤怠管理システムによってパソコンのログオン、ログオフを記録して、その出退勤時刻を管理するという方法があります。これを行うことによって、その時刻を正確に把握して、きちんと分単位でその出退勤の記録をつけることができるのです。サービス残業の問題のある程度が、これによって解決するのではないでしょうか。

勤怠管理でサービス残業をなくす

きちんとした勤怠管理を行うことによって、近年盛んに言われているサービス残業の問題を解決することができるでしょう。基本となるのはやはりその勤務時間です。日中の勤務時間、休日、深夜残業など、さまざまな法律によってその賃金が定められていますが、すべてはその勤務時間がきちんと把握できていないといけないのです。ですから、勤怠管理システムを用いてできる限り正確な時間を把握することによって、正しい給与を支払うようにしましょう。 また、このシステムの導入によって、それまでその管理にかかっていた人件費が削減できるはずですので、ランニングコストは多少かかってもそれに見合った対価を得ることができるのではないでしょうか。