スケジュールはきちんと管理して共有しよう~テキパキ働き術~

オフィス

システムの仕組み

社内

勤怠管理に関するさまざまな工夫について

出勤時刻、退勤時刻を記録して共有しておくことは、会社に勤めている人であれば当たり前に行っていることでしょう。もちろん始業時間はあるはずですので、出勤時刻はある程度簡単に把握することができるはずですが、退勤時刻の記録は後日になってしまうと忘れてしまい、あてずっぽうで記入するということもあるのではないでしょうか。 そのような勤怠管理をより簡単にしてくれるのが、勤怠管理システムです。このシステムで機械的に時刻を記録することで、きちんとその対応を行うことができます。後日になっても確認することは簡単ですので、導入のメリットは十分あるでしょう。システムを自社用に開発するなどの工夫をして、導入している企業もあるようです。

勤怠管理の近年のトレンドについて

毎日の残業時間のスケジュールの把握と共有は、会社の務めでもあります。やはり社員を働かせたのであれば、そのスケジュールに見合った対価を支払わなくてはなりません。サービス残業などという問題が近年急速に騒がれることが多くなりましたが、やはりその時間をきちんと把握できていないことが一番の問題です。 勤怠管理システムは、昔はタイムカードなどによって行われることが主流でしたが、近年のトレンドとしてはパソコンのログオン、ログオフによってその勤怠を管理できる勤怠管理システムが多く導入されているようです。おそらく今後もこの傾向は加速するでしょうから、今のシステムを改める時期に来ている企業も実はたくさんあるのかもしれません。できる限り正確な時刻を把握しておきましょう。

トレンド

WEB制作

勤怠管理のトレンドは、パソコンでの管理です。パソコンのログオンやログオフを記録することで、出退勤時刻を管理することができるのです。これを記録することで、自動的に、なおかつ正確的に記録することができるのです。

詳しくはこちら

残業の問題

オフィス

サービス残業の問題が最近になって注目されてきています。メディアでも取り上げられているものでしょう。きちんと法律に基づいてそれに見合った賃金を社員に支払いましょう。そのために勤怠管理システムを導入しましょう。

詳しくはこちら

便利なシステム

PC

近年は勤怠管理を行うためのシステムが非常に発達してきています。しかしタイムカードを使って時刻を打刻する方法を採用している企業が今でも多くいのです。勤怠管理システムを活用しましょう。

詳しくはこちら